BGMは邪魔にならないのが良い

BGMで日本語の歌声が入っているのがかかると、会話の妨げになる事があります。
これは日本語の会話と日本語の歌詞の両方が同時に聞こえてしまうと、会話を聞き取るのに邪魔になるからです。
英語の歌であれば英会話していない限りそれ程邪魔にはなりません。
でも歌声の入っていないBGMの方が店舗等かけている方の注文や指示も聞こえ易いので楽器だけの曲が流れている事が多いのでしょう。

もう1つ、大切なのは音程です。今は高音から低音まで色々調整出来るのが普通です。
高音と低音を絞って流すと迫力も面白みも無くなりますが、BGMらしい音になります。

特に高音が耳につくと会話の妨げになるだけでなく読書や休息の妨げにもなります。
低音が響くと迫力ある音になるので気を抜けなくなります。

こうした工夫は家でBGMを流す時にも同様です。ただ、車の中で流すBGMは違います。
もともと車中では大きな声で話すし、他の人の声が聞こえる事もないので歌や低音が入っていても気にならないでしょう。

Comments closed.